平成24年、豊橋の篤農家・河合晃さんは自らの圃場で、通常とは明らかに異なる「銀色に輝く芒(ノギ)」のある6本の稲穂を偶然に発見した。
秋にはその芒(ノギ)が銀色から金色に変わった。「これは通常の稲穂と違う特別変異の米だ」と
一目で見抜いた河合さんは、これを仕分けて種もみを採り栽培し、3年の月日をかけてこの米を育て上げた。

出穂の時、銀色に輝き波打つ美しい圃場に誰もが釘付けとなった。

Pickup

成長記録

Online Shop

PR活動

Information